(未)「ミスゼロ子」の導入でヒューマンエラーが激減

東神戸薬局様(兵庫県神戸市)

広告企画| 

選ばれる薬局になるための製品・ソリューション特集 

あと5日! 

ユーザー訪問 東神戸薬局(兵庫県神戸市)] 

西のうるおい館 

東神戸薬局 

ミスゼロ導入で ューマンエラーが激減 

あすなろ 花子14987233034094 11 ガスター錠20mg 601 <4シート+4T> 

受付入力へ 

充填処理 他処理へ 

神戸市東灘区の東神戸薬局では、調剤ミスを防止するために、 また、同研究所 ()カメディカルが独自開発したバーコードピッキングシ、次長(薬剤師)の下 テムミスゼロ子」を導入。薬の取り間違え、取り忘れは限りは、 浦志織氏は「薬が なくゼロ近付いたと同システムの有用性を実感している。 飲みづらかった 

り、飲むと何とな 

く調子が悪かった “オーダーメイドの医療提供”が目標 

りと、患者さんは 神戸市、JR住吉駅から徒歩4分の場所にある東神戸薬局は、 気になることがあ (株) 神戸医薬研究所(兵庫県神戸市)が、1983年に開設。同研 るものです。そう 究所は、同じ神戸市内で他に3店舗を運営しており、全日本民 した医師の先生方 主医療機関連合会(民医連)の加盟事業所として地域住民の健 に言いにくいこと 

「ミスゼロ子」を使ったピッキング。他の薬局が、「ミスゼ 康づくりをサポートしている。 

を、薬剤師が拾いロ子」を活用した実務を見学に来ることもあるという。 東神戸薬局は、近隣の東神戸病院が医薬分業を始めた際に 上げていくことが 開局し、現在でも応需する処方箋(1日約300枚) の内、9割は同 重要」と話す。可能な限り、オーダーメイドの医療を提供した 病院発行のもの。ただ、近隣には眼科や歯科の診療所もあり、 いとの思いから、服薬困難な患者には同社手製の「お薬カレン これらの受診患者の来局も多いという。スタッフ構成は、薬 ダー」を渡すこともある。 剤師が常勤11人・パート6人、事務員が常勤4人・パート11人。東 ただ、分包化、増加する後発品、一般名処方など、調剤業務 神戸病院が夜間診療を行う月曜・水曜・金曜は、夜の10~11時 で「チェックすること」「覚えておくこと」が多くなり、「人為 まで調剤することも少なくないそうだ。 

的ミスが誘発される懸念が増してきた」と山口氏は指摘する。 東神戸病院も民医連に加盟しているため、以前から合同で 服薬指導や処方鑑査を充実させ、待ち時間も短縮させたいが、 定期的にカンファレンスを行っており、それが「医療の質を高 薬のピッキングであわてると調剤ミスが起こりかねないー。 めることにつながっている」と同研究所代表取締役(薬剤師) このジレンマを解消するため、同社が運営する店舗全店で の山口扶左子氏は話す。在宅訪問に20数年前から取り組んで。 2010年3月から導入したのが「ミスゼロ子」だった。 いるのも、同薬局の特徴の1つ。毎日10数件、個人宅を中心に 薬剤師が交代で訪問する。 

薬の取り間違え、取り忘れはほぼゼロに 服薬指導に当たって、山口氏は「薬歴を残すためだけの指導 「ミスゼロ子」は調剤カセットにバーコードシールを貼り、 にならないように」と薬剤師全員で申し合わせている。「一方 それを端末で読み取って調剤ミスを防止するバーコードピッ 的に説明するのではなく、患者さんと同じ目線に立ち、患者さ キングシステム。「ミスゼロ子」のマスタには、発売されている んの思いに添うこと。すべては、そこから始まると思うのです」 : ほとんどの薬品が登録されており、箱やシートに記載されて (山口氏) 

、 日 本 

いるJANコード、GS1-RSSコードのどちらにも対応している 唯一のシステムだ。 

「他社の調剤ミス防止システムも検討しましたが、メンテナ ンスのしやすさ、表示の仕方で一番使いやすいと感じたのが 『ミスゼロ子』でした。例えば、10錠シートと14錠シートが混在 した場合に調剤ミスが起こりやすいのですが、『ミスゼロ子』 では【○○錠20mg 60T<4シート+4T>】と表示されます(写 真参照)。非常に分かりやすいですね」と山口氏。 

下浦氏は「人間だけのチェックでは、何人かけてもミスは起 きます。機械だけでやってもダメで、タイプの違うものを組み 合わせてチェックすることが必要」とした上で、「『ミスゼロ子』 は棚番登録・表示ができるので、薬の場所を探すというムダな 作業も省けます。おかげで、ヒューマンエラーは激減し、薬の 取り間違え、取り忘れは限りなくゼロに近付いています」と 

「ミスゼロ子」を高く評価している。 東神戸薬局の薬剤師の皆さん 

media_DI.201212

PDFダウンロードは こちら